• HOME
  • ふるさと村住人記

ふるさと村住人記

飛騨ふるさと村 荘川の里

WEBサイトMENU

2017年9月

9月になりました。実りの秋です。耕作した人々にご褒美の瞬間です。

今年の夏は涼しいかと思いきや都会並みの暑さとなり、荘川町民から「あ~クーラーが欲しいなぁ~」と嘆きの声があちこちで聞こえてきました。
雨は少なく農作物に影響がありました。
日本の至る所でゲリラ豪雨による災害が生じ、テレビ・新聞で報道を見るたび心が痛みます。被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。
そんな状況の中、ふるさと荘川は雨が少なく、河川やダムの水不足、また農作物などは少し縮んでみえます。
でも稲穂の生育は良く、花をつけ、しっかり水田に根を降ろし空を見上げていますよ。

もう少ししたら頭(こうべ)を垂れるのでしょうね。(楽しみ・楽しみ)

9月は各地区の秋祭り。
9月1日は黒谷神社、2日は一惣神社、3日は野々俣神社、14日荘川神社でそれぞれ午後7時30分から前夜祭が始まります。

のぼり旗が立ち、奉納芝居、舞踊、民謡、昔話など、神社境内に張られたテントの中で夜更けまで皆が一体となって舞台を見つめます。
時を忘れ、タイムスリップして何十年前のふるさと荘川に心が帰ります。
ホッと暖かい素直な気持ちに我を取り戻します。

東北・宮城県の松島町から復興のひまわりの種を頂いて植えました。どっしりと、また凛とした太陽のようなひまわりが圃場で咲きました。

おいでよ きっと 何かが一瞬変わります。待ってるよ。

今月のとれたてニュースはこちらから

※「とれたてニュース」とは全トヨタ労連加盟組合の皆様へのお便りです。

PDFを開く

archeiv_title